PlusOne Blog

「日常」に関する記事

さよなら平成、こんにちわ令和

こんにちは。

営業のMMです。

気が付いたら平成も今日を入れてあと九日となりました。

平成の時代を振り返るとやはり災害の多い時代だったなと思わずにいられませんね。

そんな中で明るい話題はやはり広島カープの三連覇ではないでしょうか?

(カープ以外のファンの方、ごめんなさい。)

しかしそのカープも令和の時代に入ろうとしている現在、なんとぶっちぎりの最下位

を走っている始末です。どうなるのでしょうか?(笑)

令和の時代はそんな平和な話題で毎日過ごせる時代にしたいですね。

感謝とこれからの明るい未来を祈って

さよなら平成、こんにちは令和!

 

この記事を読む
デフォルト画像

平成最後の・・・に乗っかって。

花粉症に悩まされているO.Dです。

平成最後の・・・に乗っかる気はなかったのですが、卒業・入学があったため、「平成最後の卒業・入学」を娘で体験しました。卒業式のときは来賓あいさつで「平成最後で・・・」なのに、入学式では「新しい時代の・・・」と変わっているうえ、由来まで引用されることが多くて。新しい時代になっても変わることはないけれど、心機一転何かを始めたくなりました。

この記事を読む

ベトナムの名曲紹介です。

みなさんこんにちは!開発部のクオンです。

 

突然ですが、今回はベトナムの名曲紹介をランキング形式で発表していきたいと思います。

 

第5位はこちらです。

chao vietnam(英語名 hello vietnam) という歌で、歌詞を見る限りではベトナム戦争時に、海外に避難した一家の子供が、故郷であるベトナムを想い、いつか訪ねてみたいといった内容です。
とても澄んだ歌声で郷愁の想いにとてもマッチしていますね。

 

お次は第4位です。
dong mau lac hong という歌で、ベトナムの歴史の歌です。
雄大な曲調で、国の歴史を語るにはぴったりですね。

 

続いて第3位です。
Nếu Chúng Mình Cách Trở という歌で、男と女の愛憎や想いを歌っています。
デュエットならこの歌といった感じですね。
今日もベトナムのカラオケやスナックで歌われている事でしょう(どんなまとめだよ)

 

さあ第2位です。
Lại Nhớ Người Yêu という歌で、恋人への想いを歌っています。歌い手さんも上手ですし、ストレートな恋心を男が渋く歌い上げるといった感じですね。

 

最後に第1位です。
Duyen phan という歌で、最近発表された曲なんですが、女性の人生の哀しさや自分らしく生きる事への渇望が歌われています。
これはもう前奏からやられますね。dan nhiという楽器で演奏されている前奏の、なんとノスタルジックなことか!
はじめて聴いたときにすぐ好きになりましたね。この歌は特に、ベトナム人の女性にすごく人気があります。
この歌い手の方もすごく上手で、歌詞の意味をすごく上手に表現できています。

クオン

この記事を読む

エイプリルフール

4月1日。
本日より新年度のスタートとなりました。

桜の開花と共に、新しい気持ちに切り替え、何事にも改めてスタートしたいと思います。

さて、そんな4月1日は皆様もご存知の通り、エイプリルフールです。すっかり日本でも定着し、近年では企業も力を上げて自社のプロモーションに活用していますが、実はエイプリルフールの起源は不明ということはご存知でしょうか。
所説は色々とあるようなのですが、これだ、と確信できるものはなくその内容だけが少しずつ形を変えて世界中に広まったそうです。

 

例えば、よく耳にする「エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中だけ」というものですが、こちらはイギリスの言い伝えが起源になっているそうです。
イギリスではかつて騎士たちが王様に忠誠を誓うためにオークを午前中だけ身に着けていたのですが、着けることを忘れると王様に叱られてしまいます。
しかし午後になれば身に着けていなくても叱られないというルールが存在し、この「午前中だけ嘘でも忠誠を誓う」という風習がエイプリルフールにもつながり嘘をついてもいいのは午前中だけとなったと言われています。

 

また、人を傷つける嘘は禁止、午後にはついた嘘の種明かしを行うのがルールとされています。
ついた嘘は1年間叶わない、なんてジンクスもあるようですので嘘の内容は吟味しなければいけませんね。

 

さて、今日は新元号発表の日でもあります。
発表にかけてどんな楽しい嘘が出てくるのか楽しみですね。

 

(フジ)

この記事を読む

更新の時期

ついに来週、新元号が発表されますね。

 

私事ですが、ちょうど運転免許の更新の時期が来ております。

次に更新する際の有効期限の表記はまだ平成かと思っていたのですが、今月15日以降に交付される運転免許の期限は和暦と西暦が併記されているようです。

平成の表記のみだといつが更新の時期かわからなくなりそうなのでこの措置は助かります。

 

ちなみに初めての更新なので初心者講習を2時間みっちり受けてまいります。

今後も安全運転を心がけ、ゴールド免許を目指したいと思います。

 

(シマ)

この記事を読む

2019年度カープ

 

2019年度の野球が始まりますね。2019年の広島東洋カープのキャッチフレーズは

     「水金地火木ドッテンカープ」 です!!

 

「水金地火木土天海」をアレンジしたそうです。様々な特徴を持ちながらも同じ方向に公転する太陽系の家族である惑星、カープも「家族」のようなチームワークで戦うとのことみたいです。

 

セ・リーグ4連覇へ そして今年はカープ日本一になって欲しいと思います。

この記事を読む

ネックスピーカー

最近だいぶ価格がお手頃になってきたので、シャープ製アクオスサウンドパートナーを購入しました(^^)

イヤホンやヘッドホンのストレスから解放されるすばらしい製品です!

ブルートゥース接続でPCやテレビと接続できます。

音漏れ防止には期待しないほうがいいです。

それよりはDiscordやSkypeなどのVCツールへのハウリング防止(スピーカーからの相手の声をマイクが拾わない)や、ブルートゥース接続を生かして離れた場所で別作業をしながらBGMを鑑賞といった使い方がメインになると思います。

気になった方はぜひ!

この記事を読む
デフォルト画像

世界らん展

世界らん展2019に行ってきました。(場所はジャイアンツ本拠地東京ドーム)

人人人...で疲れましたが、気分転換ができました。スタンドで休憩し、そこで飲食もできるので一日中観覧するひともたくさんいるんではないでしょうか?

次は、IKKOの作品です。他にも仮屋崎さん、志保美悦子さん、美ら海とか。。

(ドームのジャイアンツショップには背番号8のユニフォームが大題的に展示されてました)
入場料金は大人2200円、そこからJAF割引300円でちょっと得した気分でした。ByTU

この記事を読む

カープ選手トークショー

坂町であったCGC PRESENT!広島東洋カープ選手トークショーに行ってきました。

 

アドゥワ誠選手と曽根海成選手のトークショーです。

司会はRCCアナウンサーの長谷川 努アナウンサーでした。

 

13:00開場で全席自由席です。

私は13:00ぐらいに坂駅に着く電車で行きました。真ん中ぐらいまで席は埋まっていました。

1番早い人で6:30に並んでいたそうです。

 

トークショーは質問コーナーとかあり楽しかったです。

 

抽選会もありました。協賛メーカーの詰め合わせ各1名、カープ応援グッズ(選手が渡してくれる)、曽根選手、アドゥワ選手のレプリカユニフォームサイン入り1名(選手が着させてくれてハグしてくれる)、最後に曽根選手が背番号が変わるので着ていたユニフォームを脱いでサインをして着させてくれてハグしてくれるという素敵なプレゼントでした。

 

もちろん私は何1つ抽選に当たっていませんが楽しいトークショーでした。

(バトマー)

 

 

この記事を読む

考察「やらせ」

昨今、全国放送されているバラエティ番組の「やらせ」が物議を醸している。

真相の程はよく判らないが、海外で開催されている「祭り、イベント」に特派員兼お手伝いをするタレントを赴かせ、それを体験させることで番組のネタにしていたらしいが、実際には「祭り、イベント」は番組制作会社が仕組んだ「やらせ」だったらしく、それに赴かされていたタレント(番組制作サイドは、「やらせ」の真相を当の本人へ伝えていなかった)が悪者扱いされているそうな。

 

事の真相はどうあれ「やらせ」はメディアに限らず、遥か古から頻繁に行われてきた。

 

ありがちな話で言えば、地方のご当地B級グルメを紹介するバラエティ番組があるが、実際に紹介された地元の人間に「B級グルメ」のことを問いただしてみたところ、「なんだそりゃ?」というものである。

その一例を紹介すると、某バラエティ番組で紹介された広島県民グルメ『うにホーレン』。広島に住み着いてかれこれ25年を超える我が身だが、その番組が「うにホーレン」を紹介するまで、広島にそんなご当地グルメが存在していたことさえも知らなかったし、行きつけの鉄板焼き屋のメニューに「うにホーレン」が載っていたのを観たことさえもなかった。

 

自分の胸に手を当ててみると、小学生の頃に執筆した作文が担任の目に触れ、それが郷里の地方新聞に掲載されたことがある。がしかし、実際には担任から手書きの原文を手渡され、「これを期日内に清書するように」という指示のもとに「清書」を行った処、数か月後にその「清書した文面」が新聞に載ったという黒歴史。学校の先生連中を含め保護者連中から『すごい!スゴイ!』と褒められたが、正直自分が執筆した原文は担任により一言一句推敲され、大人が作った文面を「清書」した行為が解せず腑に落ちなかった手前もあり、自分自信の気持ちが高揚することは一切なかった。

 

近年の経験を言えば、過去勤務していた広告代理店時代のこと。販売単価数千万円の商品を『売る』ための新聞折り込みチラシ制作に従事した節、上司の『ある言葉』を聞いて、あー確かにそうだよな、と思わず頷いてしまった。

「商品価格は千万単位、新聞やテレビ広告を一発行った途端に完売御礼では、俺たち広告を提案する側の飯の食い上げになる」

広告というものは、酷い言い方をすれば『視聴者が1000人いたら、その内の1人が広告を見てくれて、広告を出稿した販売会社に問い合わせして頂ければ大成功』であり、出稿主から『問い合わせの状況が良くないから、また広告を出したいのだけれど』と言って頂けるように『作る』のが制作する側の腕の見せ所、無論お客様も馬鹿ではない。新聞掲載広告でも最低数10万円以上から(文字物は除く)、テレビ放送だと放映時間にもよるが20万円以上、それだけのお金を支払って『問い合わせゼロ』では二度と広告出稿のご依頼は頂けない、新聞・テレビ・ラジオといったどのメディアをお選び頂いた(要は広告出稿単価)かに併せて、それに見合った問い合わせを頂けるべく制作しなければならない。

 

さて、冒頭のバラエティ番組に関する「やらせ」に話を戻そう。

 

民放テレビ局が制作しているテレビ番組は、番組制作費や出演者への出演料は、番組開始早々に紹介される『この番組は、●●●の提供でお送りします』と紹介される『広告主』から頂戴したお金で賄わなければならず(日曜20時台のスポンサー費用は、一説によると数千万円単位)、視聴率=商品に関する問い合わせ・売り上げ実績のバランスが悪ければ、その『広告主』は「契約の3ケ月が終了したら、ウチはスポンサーから降りるから」と言われても、テレビ局側に文句は言えないのだ。

するってーと、某テレビ番組制作者としては、視聴率低下➡スポンサー降板を恐れ、やむなく「やらせ」を日常化していたフシが見受けられたのは私だけだろうか?

 

「やらせ」は、実際の真実を湾曲させるだけに留まらず、虚偽を公共のメディアを利用して面白可笑しく、時に真面目に視聴者へ提供している訳だが、それを観た視聴者にとっては、公共メディアが報じているのだから「真実」であろうと受け止めてしまうこともありうる。方やメディア側としては、会社を存続させる、自らの広告を守るために「虚偽」を平然と垂れ流し、一部では「俺たちはそこまで責任を取れない」と逃げる輩が居るのも事実で、酷い場合は番組制作を行った制作会社へ責任を擦り付けることさえ罷り通っている。

 

中節で述べた広告代理店時代の話には内ゲバがある。お客様からの反響が悪かったら、次の機会では『値引き』をしなければならないのが定石だ。しかも、場合によってはそのお客様に対して謝罪のために直接会社へお邪魔して「頭を下げ」にいかなければいけない、経緯と対策を列記した「詫び状」をしたためなければならないことだってある。

一部の連中が始めた「やらせ」、事の発端は「守るため」であったはずなのに、例のバラエティ番組が昨日放送した番組の冒頭に「言い訳」がましい「お詫び」がご丁寧なナレーション付で放送されたことに、思わず失笑してしまった。一部の報道バラエティー番組で、テレビ局のお偉方が頭を下げていたシーンがあったが、とどのつまり、だれも「責任を取りたくない」感を強く感じる。

 

「やらせ」を平然と行うからには、最後までその「虚偽」の意地を張り通すか、潔く認めて「謝罪」し、今後正しい方向へと軌道修正しますと意思表明する必要がある。残念ながら、昨今の大人達は自分自身の保身が最優先であるが故、「どっちつかず」で「灰色の決着」を選ぶのが圧倒的な様だが。

この記事を読む

2018日米野球inマツダスタジアム

 

11月13日、マツダスタジアムで2018日米野球 第4戦が開催されました。

幸運にもチケットを手にすることができ、MLBオールスターチームの先発は元カープのエース前田健太投手、日本チームは現カープエース大瀬良大地投手、また、始球式には元カープの黒田博樹さんという大変貴重な瞬間を見に行ってきました。

 

試合は中盤まであまり動きがなく、外野席ではただ寒さに耐える状況でした。

が、第1戦、第2戦と同様終盤の追い上げが素晴らしく、日本チームは逆転勝ちを収めることができました。

 

正直、メジャーリーグの情報に疎いためペナントレースほど夢中になって観戦できませんでしたが、有意義な時間を過ごすことができました。

 

ツイン

この記事を読む

ありがとう広島東洋カープ

昨日で今シーズンの戦いが終わりました。

まだ複雑な気持ちがぬぐい切れません。やっぱりホークスは強くカープは少しだけ及ばなかった。それだけです。

ちょっと早いけど、今年を振り返ると、リーグ優勝は、私の今年の三大ニュースに入ります。

試合をイヤホンで聞き一喜一憂しながら乗り切った改正対応。その後は、球場へ足を運んだりテレビやラジオで観戦しながら夢中になっていました。

 

開幕連勝でのスタートダッシュ

誠也や丸、野村、安部のケガで離脱の苦しい台所事情

交流戦でコテンパンにやられた後の6連勝

豪雨災害で傷ついた被災者を思っての試合中止と義援金活動

近年にない酷暑の中でも勝ち越しを続けるパワー

ドミニカからの救世主の出現

新井さんの引退宣言とその後の6連敗

球団史上初の三連覇

去年の轍は踏まないと決めて挑んだCS突破

そして家族一丸で立ち向かった日本シリーズ

 

カープ選手や監督、コーチのみなさん、感動をありがとうございました。

そして、来年もよろしくお願いします。

ミネエム

この記事を読む
記事一覧に戻る