PlusOne Blog

記事一覧

介護EXPO広島2018に出展中です

今日はClip広島で開催中の介護EXPO広島2018に出展中です。

みなさまのご来場をお待ちしております。

この記事を読む

折り紙教室…うさぎの折りかた

わくわく通信Vol.94号でご紹介した、「うさぎの折りかた」です。

上手に折れば、箸置きとしても使えます。利用者様と、御子様と

ご一緒に楽しく作りましょう!

この記事を読む

考察「やらせ」

昨今、全国放送されているバラエティ番組の「やらせ」が物議を醸している。

真相の程はよく判らないが、海外で開催されている「祭り、イベント」に特派員兼お手伝いをするタレントを赴かせ、それを体験させることで番組のネタにしていたらしいが、実際には「祭り、イベント」は番組制作会社が仕組んだ「やらせ」だったらしく、それに赴かされていたタレント(番組制作サイドは、「やらせ」の真相を当の本人へ伝えていなかった)が悪者扱いされているそうな。

 

事の真相はどうあれ「やらせ」はメディアに限らず、遥か古から頻繁に行われてきた。

 

ありがちな話で言えば、地方のご当地B級グルメを紹介するバラエティ番組があるが、実際に紹介された地元の人間に「B級グルメ」のことを問いただしてみたところ、「なんだそりゃ?」というものである。

その一例を紹介すると、某バラエティ番組で紹介された広島県民グルメ『うにホーレン』。広島に住み着いてかれこれ25年を超える我が身だが、その番組が「うにホーレン」を紹介するまで、広島にそんなご当地グルメが存在していたことさえも知らなかったし、行きつけの鉄板焼き屋のメニューに「うにホーレン」が載っていたのを観たことさえもなかった。

 

自分の胸に手を当ててみると、小学生の頃に執筆した作文が担任の目に触れ、それが郷里の地方新聞に掲載されたことがある。がしかし、実際には担任から手書きの原文を手渡され、「これを期日内に清書するように」という指示のもとに「清書」を行った処、数か月後にその「清書した文面」が新聞に載ったという黒歴史。学校の先生連中を含め保護者連中から『すごい!スゴイ!』と褒められたが、正直自分が執筆した原文は担任により一言一句推敲され、大人が作った文面を「清書」した行為が解せず腑に落ちなかった手前もあり、自分自信の気持ちが高揚することは一切なかった。

 

近年の経験を言えば、過去勤務していた広告代理店時代のこと。販売単価数千万円の商品を『売る』ための新聞折り込みチラシ制作に従事した節、上司の『ある言葉』を聞いて、あー確かにそうだよな、と思わず頷いてしまった。

「商品価格は千万単位、新聞やテレビ広告を一発行った途端に完売御礼では、俺たち広告を提案する側の飯の食い上げになる」

広告というものは、酷い言い方をすれば『視聴者が1000人いたら、その内の1人が広告を見てくれて、広告を出稿した販売会社に問い合わせして頂ければ大成功』であり、出稿主から『問い合わせの状況が良くないから、また広告を出したいのだけれど』と言って頂けるように『作る』のが制作する側の腕の見せ所、無論お客様も馬鹿ではない。新聞掲載広告でも最低数10万円以上から(文字物は除く)、テレビ放送だと放映時間にもよるが20万円以上、それだけのお金を支払って『問い合わせゼロ』では二度と広告出稿のご依頼は頂けない、新聞・テレビ・ラジオといったどのメディアをお選び頂いた(要は広告出稿単価)かに併せて、それに見合った問い合わせを頂けるべく制作しなければならない。

 

さて、冒頭のバラエティ番組に関する「やらせ」に話を戻そう。

 

民放テレビ局が制作しているテレビ番組は、番組制作費や出演者への出演料は、番組開始早々に紹介される『この番組は、●●●の提供でお送りします』と紹介される『広告主』から頂戴したお金で賄わなければならず(日曜20時台のスポンサー費用は、一説によると数千万円単位)、視聴率=商品に関する問い合わせ・売り上げ実績のバランスが悪ければ、その『広告主』は「契約の3ケ月が終了したら、ウチはスポンサーから降りるから」と言われても、テレビ局側に文句は言えないのだ。

するってーと、某テレビ番組制作者としては、視聴率低下➡スポンサー降板を恐れ、やむなく「やらせ」を日常化していたフシが見受けられたのは私だけだろうか?

 

「やらせ」は、実際の真実を湾曲させるだけに留まらず、虚偽を公共のメディアを利用して面白可笑しく、時に真面目に視聴者へ提供している訳だが、それを観た視聴者にとっては、公共メディアが報じているのだから「真実」であろうと受け止めてしまうこともありうる。方やメディア側としては、会社を存続させる、自らの広告を守るために「虚偽」を平然と垂れ流し、一部では「俺たちはそこまで責任を取れない」と逃げる輩が居るのも事実で、酷い場合は番組制作を行った制作会社へ責任を擦り付けることさえ罷り通っている。

 

中節で述べた広告代理店時代の話には内ゲバがある。お客様からの反響が悪かったら、次の機会では『値引き』をしなければならないのが定石だ。しかも、場合によってはそのお客様に対して謝罪のために直接会社へお邪魔して「頭を下げ」にいかなければいけない、経緯と対策を列記した「詫び状」をしたためなければならないことだってある。

一部の連中が始めた「やらせ」、事の発端は「守るため」であったはずなのに、例のバラエティ番組が昨日放送した番組の冒頭に「言い訳」がましい「お詫び」がご丁寧なナレーション付で放送されたことに、思わず失笑してしまった。一部の報道バラエティー番組で、テレビ局のお偉方が頭を下げていたシーンがあったが、とどのつまり、だれも「責任を取りたくない」感を強く感じる。

 

「やらせ」を平然と行うからには、最後までその「虚偽」の意地を張り通すか、潔く認めて「謝罪」し、今後正しい方向へと軌道修正しますと意思表明する必要がある。残念ながら、昨今の大人達は自分自身の保身が最優先であるが故、「どっちつかず」で「灰色の決着」を選ぶのが圧倒的な様だが。

この記事を読む

2018日米野球inマツダスタジアム

 

11月13日、マツダスタジアムで2018日米野球 第4戦が開催されました。

幸運にもチケットを手にすることができ、MLBオールスターチームの先発は元カープのエース前田健太投手、日本チームは現カープエース大瀬良大地投手、また、始球式には元カープの黒田博樹さんという大変貴重な瞬間を見に行ってきました。

 

試合は中盤まであまり動きがなく、外野席ではただ寒さに耐える状況でした。

が、第1戦、第2戦と同様終盤の追い上げが素晴らしく、日本チームは逆転勝ちを収めることができました。

 

正直、メジャーリーグの情報に疎いためペナントレースほど夢中になって観戦できませんでしたが、有意義な時間を過ごすことができました。

 

ツイン

この記事を読む

九州ホスピタルショウに出展いたします。

 

 

 

11/7、8の二日間九州ホスピタルショウ福祉機器展ブースに出展中です。

みなさまのご来場お待ちしております。

この記事を読む

ありがとう広島東洋カープ

昨日で今シーズンの戦いが終わりました。

まだ複雑な気持ちがぬぐい切れません。やっぱりホークスは強くカープは少しだけ及ばなかった。それだけです。

ちょっと早いけど、今年を振り返ると、リーグ優勝は、私の今年の三大ニュースに入ります。

試合をイヤホンで聞き一喜一憂しながら乗り切った改正対応。その後は、球場へ足を運んだりテレビやラジオで観戦しながら夢中になっていました。

 

開幕連勝でのスタートダッシュ

誠也や丸、野村、安部のケガで離脱の苦しい台所事情

交流戦でコテンパンにやられた後の6連勝

豪雨災害で傷ついた被災者を思っての試合中止と義援金活動

近年にない酷暑の中でも勝ち越しを続けるパワー

ドミニカからの救世主の出現

新井さんの引退宣言とその後の6連敗

球団史上初の三連覇

去年の轍は踏まないと決めて挑んだCS突破

そして家族一丸で立ち向かった日本シリーズ

 

カープ選手や監督、コーチのみなさん、感動をありがとうございました。

そして、来年もよろしくお願いします。

ミネエム

この記事を読む

うさぎ島

 

うさぎで有名な大久野島へ泊りに行ってきました。

エサをあげる為にキャベツ、人参、小松菜を持参。うさぎによって好みがあるようで小松菜の葉っぱの部分が人気があるようでした。うさぎといえば人参かなと思ったのですが、かたいからか食べてくれるうさぎは少なかったです。

でも泊まりなので夜もうさぎにエサあげに行ったのですが昼よりもたくさんのうさぎがいて、エサの食いつきも良かったです。昼には不人気の人参もたくさん食べてくれました。

島に唯一の宿泊施設の休暇村は温泉もあるし、海も見えて景色もきれいだし、朝も夜もうさぎにエサをあげられてゆっくり過ごすことができすので、是非可愛いうさぎに癒されに、うさぎ島へ泊りに行ってみてください。

 

 

この記事を読む

キャッシュレス

最近よく耳にする「キャッシュレス」ですが、皆さんは「キャッシュレス」してますか?
フィンテック(金融の「ファイナンス」と技術の「テクノロジー」を組み合わせた造語で、「ファイナンス・テクノロジー」の略)の利用により、社会生活において現金を所持しなくても良い環境にしてしまおう・・というのが、最近聞かれる「キャッシュレス」です。

 

既に「キャッシュカード」「おサイフケータイ」「電子マネー」というキーワードでそれに近い環境が社会の中へ導入されていますが、まだまだ使えないお店もありますよね。

それに、キャッシュレスと言っても「チャージ」という行為により現金を扱うシーンが少なからずありますし、どこでも使えるわけではなく「この電子マネーは使えるけど他のは使えない」「交通系カードも使えるけど、地方のマイナーな(失礼!)交通系カードは使えない」など不便な点も目立ち、いざという時に現金が無いと不安な環境にあります。

 

一方、先進的な国に目を向けると、高い普及率により「現金お断り!」というお店も珍しくないようです。

 

 

私は普段、手荷物を極力少なくしたい人間なので、カード一枚もしくはスマホ一台で事足りる様になってくれるとすごくありがたいのですが、「決済難民」という新たなキーワードが生まれるなど、まだまだその道程は険しいようです。

 

【ボン】

この記事を読む

HCRの出展が終わりました。

HCRの出展がおわりました。

多数のご来場ありがとうございました。

この記事を読む
デフォルト画像

紅葉が・・・

紅葉が見ごろのシーズンになりつつある季節ではありますが、大型台風による風と塩の影響で美しい紅葉に問題おきています。

写真のイチョウの木のように半分だけ枯れた状態になった木が数多く発見されています。

これは”半枯れ病”といい暴風により葉がこすれあい枯れてしまったり、塩を含んだ水を葉に浴びてしまいこのような状態になります。

神奈川県の横浜市や鎌倉市のイチョウなどが見るも無残な姿になってしまっています。

ただ、沿岸部に近い所の被害は多いですが、きちんと残っているところもあるそうです。

また、この状態は一過性なので来年は同じような状況にならなければきれいに紅葉が見られるみたいです。

海外からも日本の美しい紅葉を見にくる観光客が多くいると色々なメディアでうたわれているので、このような半枯れの紅葉ではなく美しい紅葉を見てもらえればと思います。

日本人でも美しい紅葉を見れば心が洗われますからね。

 

この記事を読む
デフォルト画像

雨の首都高

こんにちは、TUです。

ゲリラ豪雨中、怖い思いで首都高を走りました。(ちなみにレンタカーで、私は助手席にいました。)

朝から仕事で栃木県へ。爽やかな秋晴れの中、お客さんの事業所を周り、作業も終了し帰途に付きました。
日も暮れ、東京に入る少し前からポツリポツリと雨粒がフロントガラスに。
首都高に入るとついに本格的な雨から豪雨になり、ただでさえ見通しが悪いところに
隣のダンプが飛ばす撥ね水で一瞬目隠しされるたようで恐怖が我々を襲いました。
(ダンプの運ちゃんは豪雨だろうと強風だろうとお構いなしです。なんと命知らずな!)

レンタカーだったので途中、「予定時間に返却できないかも」と連絡をいれたんですが、幸運にもギリギリ時間内に返却完了!!。

個人的には、昨日に続いて2日連続の夕立(豪雨)に襲われました、昨日は散歩中でびしょ濡れ、今日はこれです。
この2つの不幸で、自分の持っている全不幸を使い果たしたかもです。 これからこれから。

※北海道、大阪、岡山の被災者の皆さん、応援しております。

この記事を読む

HCR(国際福祉機器展)2018に出展いたします。

HCR(国際福祉機器展)2018に出展いたします。

介護保険業務支援システムSmileOneシリーズ、レスポンシブ対応オプションSmileWeb+に加え、
新規リリースの空床管理オプションと現在開発中の施設記録オプションを展示いたします。
さまざまなデバイスで弊社システムをご確認ください。

【会場】東京ビッグサイト東展示ホール

【出展期間】2018年10月10日(水)~10月12日(金)
10:00~17:30(12日のみ16:00終了)

【展示ブース】在宅・施設サービス経営情報システムゾーン 7-05-01ブース

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

この記事を読む
記事一覧に戻る