PlusOne Blog

記事一覧

健康診断

仕事が始まったら、ほぼ座りっぱなしの開発部ボンです!

先日、会社の健康診断がありましたので行って参りました。

結果は・・・
いつもの通り、赤い数字(=正常値から外れている)が並んでいた訳ですが、「あとチョットだったのに〜」という数値が多くありました。まあ、検査結果に「あとチョット」も何も無いんですが・・・(^^;

健診が終わると、検査結果を元に先生から所見などをお聞きするわけですが、開口一番「良くなってるねぇ!どうしたの、何か始めたの?」と、意外にも良い展開で話が始まりました。

実は、会社の事務所移転を機に徒歩通勤を始めました。前事務所時代には全くと言っていいほど運動をしていませんでしたし、冒頭に書いた通り、仕事が始まったらほぼ座りっぱなしな状況は変わらないのですが、バイク通勤をしていたので大げさでもなんでもなく「今日は何メートル自力で移動したのか?」と言うくらい運動量は皆無でした。

それが、ほぼ1年、徒歩通勤を継続したおかげで改善されたというわけです。いやぁ〜、やっぱり運動は大切ですね!!まあ、前が酷すぎたという話もなくはないですが・・・(>_<;;

兎にも角にも、数値が良くなって嬉しいですし、「継続してきたことに対して成果が出る」「それを誰かに評価してもらえる」というのは、何歳になっても嬉しいものですね!

来年は赤い数値を無く・・・1つでも多く減らすことを目標に頑張ります!!

【ボン】

この記事を読む

九州ホスピタルショウの出展が終わりました。

11/21~22九州ホスピタルショウの出展が終わりました。

大変多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました(^^)

この記事を読む

はじめまして

はじめましてYIです。

入社3ヶ月が過ぎました。

私が利用する医療情報サイトを紹介します。

《M3.Com》、医療制度や最新医療技術や学会情報など総合的に知ることが出来ます。

《メディ・ウォッチ》、診療報酬の同行や病院経営等についての記事が充実しています。

《役に立つ薬の情報、専門薬学》お薬の入門から作用機序までわかりやすく情報収集出来ます。

《ケアネット》私の古巣であり、最新の医療動向をタイムリーに知ることが出来ます。

 

参考に検索してみてください。

 

この記事を読む

はじめまして!

はじめまして、D・Aです。

入社より4カ月がたちましたが、まだまだ成長していません><!

周りではあちこちでクリスマスの飾りであふれて、気ぜわしくなってきています。

先日、あわてて年賀状の印刷の手配をし、クリスマスのケーキの準備も・・・・

ふと、本屋の前などを通ると来年のカレンダーや手帳が店頭に並んでおりついつい見てしまいます。(あやうく厳選する前に買ってしまいそうに・・)

アナログな私は、手書き派なので手帳のみならず手帳の書き方や使い方の本まで手に取って読んで、年々カラフルに書き込むようになってきましたが、時間の使い方は上達してません。来年こそは!!

年末に向け、皆様も計画的に年内の行事済ませてください。

この記事を読む

ベトナムにおける IT 開発

 開発部でシステム開発を担当しているベトナム出身のCuong(クオン)です!
これからベトナムのことをたくさん紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。

今日はベトナムのIT事情についてご紹介します:)

 

過去 10 年間において、ベトナムは世界で最も IT・通信市場が成長した国の一つです。国際電気通信連合(ITU)によると、2005 年には 12.74%だったインターネット普及率が、2015 年時点で 52.72%まで上昇しています。また、ベトナム情報通信省の発表では、2016 年度末時点で携帯電話利用者は人口の 94%を占め、スマートフォン経由でのインターネット利用者は人口の 72%を占めます。こういったインターネットや携帯電話・スマートフォンの普及によって、ベトナム IT産業の著しい成長が支えられており、IT 産業の年間成長率はその他の産業分野の年間成長率より高くなっています。

 

 

世界の大手 IT 企業グループの投資等により、ベトナムはハイテク投資先として魅力的な場所となりました。また、FPT ソフトウェア社などの多くのベトナム IT 企業は世界規模で知られています。特に 2010 年から 2015 年にかけ、ベトナム IT 産業は飛躍的な成長を遂げています。2010 年の IT産業の総売上高は 76 億 USD だったが、2015 年には 495 億 USD に達し、5 年間で 7 倍増となっています。ベトナム情報通信省によると、2016 年の総売上高は 500 億 USD を突破すると見込まれています。

 

過去 10 年以上前から全国に IT 工業団地が開設されていますが、現在は 4 つの IT 工業団地(Quan Trung ソフトウェアパーク、Da Nang ソフトウェアパーク、Cau Giay IT 工業団地、開発中の Ha Noi ソフトウェアパーク)に分かれています。IT 工業団地に入居する投資プロジェクトに対しては、初めて売上計上した会計年度から 15 年間は法人税率 10%が適用されます。それとは別に、黒字化後 4 年間は免税、翌 9 年間は半額免税となります。そのため、半額免税期間の 9 年間のうち、初めての売上計上から 15 年間に重複する期間は税率 5%、重複しない期間は法人税率 10%が適用されます(現行の法人税率 20%を前提とします)。

 

海外からベトナムへの投資においては、ソフトウェア開発が最も成長している分野であり、ソフトウェア開発は、その他の工業・娯楽・サービス等の様々な分野の成長も押し上げることにもつながっています。過去数年間において、ベトナム市場は安い人件費で、かつ熟練した技術を持った人材がベースとなり、ソフトウェア開発をする上で世界でも最も魅力的な国の一つとなりました。

 

ベトナム経済の成長戦略において、政府は IT 開発を重視しています。2020 年には世界的な近代工業国になるという目標を達成するために、IT 分野は優先的に投資を呼び込む分野の一つと考えられています。IT 開発を促進するために、規制環境が改善されているので、ベトナムはアジア地域内では、多国籍 IT グループ、特に欧州、アメリカ、韓国、日本等の企業にとって魅力のある投資先です。

 

過去 10 年間にわたり多くの日系企業の投資を誘致し、高く評価されてきたベトナム投資の利点は、政府からの支援、インフラ状況、安定的な政治状況、文化的な近さ、人材の豊富さ、低コスト、情報セキュリティ整備状況などが近隣諸国に比べ優れている点です。IT 分野で日越双方の関係はより緊密になり、情報セキュリティ、テレマティックス、人材教育に関する多くの協定を締結しました。2015 年時点において、ベトナムは日本のオフショア開発先として第 2 位のパートナーで、ベトナム企業の日本市場向けソフトウェア開発による売上は 16 億 USドルでした。日本市場向けソフトウェア開発サービスを提供する企業は、経済成長が困難な時期においても安定的に 20-40%成長しました。そのため、ベトナムにとって日本は投資誘致の重要なパートナーとなりました。今後は、ベトナムと日本は電子商取引の技術開発を強化していく予定です。

 

ベトナム IT 産業の優れている点のひとつは、基礎教育を受け、技術知識を持つ若い人材が豊富であり、新しい技術を早く習得することができる点です。現在、IT 人材は 60 万人以上にのぼり、その内、ハードウェア・電子分野の人材が 30 万人以上で、残りがデジタル・ソフトウェア分野に勤務しています。ベトナムの IT 人材は成長を続けており、IT 企業の人材需要も高くなっています。Vietnamworks(ベトナム No.1 求人サイト)の報告によると、ベトナムでの IT 人材需要は 2013 年から 2016 年にかけ 2 倍となりました。一方、現状では技術的な専門知識を持つ人材であっても、語学力不足がまだ短所としてあるので、ベトナム市場へ投資する際、海外投資家にとっては障壁になっています。

 

近年にかけ、ベトナムは IT 技術のグローバル水準に追い付いてきました。携帯テクノロジー、クラウドコンピューティング、IoT、アウトソーシングは 2017 年に多くの企業に応用されることが見込まれます。その上、IT 産業は様々な分野に広がりつつあり、高い技術レベルの人材を求める分野だけでなく、サービス分野とも緊密な関係となってきています。

 

政策、インフラ、人材の条件が揃い、IT 産業は今後 10~20 年間においてベトナム経済を牽引する分野になる見込で、国内企業と海外企業いずれにとっても重要な投資機会となります。IT 分野において、海外投資家は政府に様々な支援を受けられる立場にあり、許可申請手続きのハードルも高くありません。それに加えて、IT プロジェクトは多額の設備投資は必要なく、中小・中堅投資家にとっても、ベトナム市場への投資について、好機が広がっている分野であるといえます。

 

これからもベトナムのIT事情や、文化や風習、グルメなどについてご紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

Cuong

この記事を読む

焼き芋しました

だんだん、寒さも増してきて、皆様は体調をくずされておりませんでしょうか?

この休み、我が家で恒例の焼もをしました。塩をたっぷりめに、炭焼きにて焼き(遠赤効果)、大変、家族にも好評でした、だだ、寒い中約1時間も、外に居て自分の体調が・・・・

この記事を読む

バズる、とは

 

広辞苑が10年ぶりに改定されました。

「スマホ」や「自撮り」、人名は1月に米大統領に就任した「トランプ」をはじめ、「ジョブズ」「スピルバーグ」などの言葉が追加されたとのことです。
このようなニュースを聞くとはやりの言葉を選定しているのかな?と感じますが、広辞苑の改定は一時的な流行を入れるのではなく日本語として定着した言葉を収録されているそうです。

 

追加の一方で、意味合いが修正される言葉もあるようです。例えば「フェミニスト」は女性解放論者・女性に甘い男性と説明がされていましたが、現在の意味合いとは異なり言葉の核心にある意味が伝わらない、と変更を決めています。
これまでの言葉が見直される、定着する一方で新しい言葉もどんどん生まれていますよね。
最近では「バズる」という言葉をニュースサイトやインスタグラムでも見かけます。が、疎い私は全く意味が分からず…ついに先日グーグル先生に頼りました。

 

●バズる=特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する。

 

とのことです。もともとはマーケティング用語からきているようですが、すでに広く受け入れられているのを見るとこの言葉自体が「バズっているなぁ」と感じます。

(フジ)

この記事を読む

家カラ

 

 

“家で歌えるカラオケセット”

趣味の話ですが、カラオケ好きが高じて、先日ついに買ってしまいました。

ミュート(防音)カップにマイクを差し込み、後は専用ユニットをPCや携帯電話のイヤホンジャックに差し込むだけで、カラオケを楽しむことが出来ます。

マイクのボリュームやエコーの調整もできるので、初めて使ったときは思った以上に臨場感があって気に入りましたが、難点は、カップを口に押し付けて歌うので、やや苦しいことと、音質は“う~ん。。”という感じでしょうか。あと、音漏れも声の大きさによりますが、マンションのような集合住宅の場合、隣に聞こえることがあるかもしれません。

しかし、ネットで調べてみると、カラオケだけでなく英文の音読やスピーチの練習、また、喘息の発作が出たときなどと用途は様々みたいで。。

意外でした。

 

(タッキー)

この記事を読む

Happy Halloween!!

 

今年のディズニーハロウィーンです。

 

こんにちは。

 

衆院選、投票まで1週間を切りました。
政治に疎い自分のような人間は、まず「右」と「左」の理解に努めると思います。
ですが、最近はその定義に収まりそうもありません。

 

「右でも左でもないフェアウェイを目指す」
「右でも左でもない、下からの民主主義」

なんとも難しいです。
しっかりと勉強をして1票を投じたいと思います。

 

また選挙後からの株為替相場には注目です。
米国の利上げ、減税政策と、年末まで目が離せません。
と、ここまで全く表題とは関係のない話になってしまいましたが、
ディズニーリゾートはキャッシュフローを増やして、増築や拡大に充てようという考えからこれまで度々入園料の値上げをしてきました。

もちろん色々な狙いがあってのことです。

「混雑緩和」「客単価の引き上げ」「人件費増への対応」などなど

 

それを少し捻くれた見方で見ると、

「お金持ちだけが入園をして、貧乏人の居ない空いた園内でたくさんのお金を落として帰ってもらう。」という風になるようです。
ですが入園料が上がれば、入場者は園内において節約傾向に転じます。
それでは本末転倒です。難しい判断だと思います。

 

それよりも、「富裕層に限定した優遇」?

どこかで聞いたことのあるキーワードです。

 

身近なことから政治経済への理解を深めたいと思います。

 

(ヨッシー)

この記事を読む

上野動物園へ

5年ぶりのパンダの赤ちゃんということで、成長過程をニュースで観る機会が多くなりました。

シャンシャンという名前も決まり、ヨチヨチ歩いている姿に癒しを感じています。

12月には親子公開されるかも?というのですから上野動物園も賑わいを見せるでしょうね。

私が、上野動物園に行ったのは記憶にないくらい昔です(笑)

娘がパンダにはまりまして、毎日サイトを見ては嬉しそうな姿に根負けしました。

でも、多くなるであろう12月以降はどうしても避けたい(人混みが大の苦手)・・・ということで先日行ってきました。

(個人的には公園内でやっている怖い絵展が見たかった・・・・)

祝日なので、そこそこ人は多いものの特別混んでいる訳でもなくパンダをしっかり見ることができました。

 

お父さんのリーリーが出ていたのですが、バッチリ正面から見れ、実際見ると可愛いですね!

遠くから見ても見えないよ、動画でも良いのでは?写真でも良いのでは?と思っていたのですが行って良かったと子ども達を見て思いました。

そして、やっぱりパンダぬいぐるみを購入することになり、シャンシャン♪と娘は呼んで可愛がっている姿に行って良かったと思いました。

(このぬいぐるみ・・君が今みた、お父さんパンダのリーリーだよと言いたいですが(笑))

 

もう一つ、行って良かったなと思ったことがあります。

上野動物園内に入る前に保全活動をしているブースが沢山あったことです。

うちの近くに動物園が3か所あるのですが、タイミングが悪いのかもしれませんがあまり出会ったことがなかったのですよね。

子ども達にも分かりやすく説明をしてくれ、命の大切さ、保全の大切さを教えてくださり子ども達も得るものがあったようでした。

(ハリス)

 

 

この記事を読む

ロケットで旅行

先日、アメリカの宇宙開発企業が、新型ロケットを国際線の旅客機として利用する構想を発表しました。

 

今まで14時間ほどかかっていた東京-ニューヨーク間がなんと37分!超高速の旅客機として就航させる構想だそうです。

地球上のほとんどの場所に30分以内、あらゆる場所に1時間以内で到達可能とのこと。

さらに料金は飛行機のエコノミークラスと同程度とされています。ロケットで旅行とはさぞかしお高いだろうと思いましたが、ありがたいことです。

 

週末に国内旅行に行く感覚で海外旅行ができる未来が待ち遠しいです。

早く実現してほしいですね!

 

この記事を読む

九州ホスピタルショウ2017ふくおか福祉機器展に出展します。

プラスワンは九州ホスピタルショウ2017ふくおか福祉機器展に出展します。

弊社からは介護保険支援システムSmileOne、レスポンシブ対応入力オプションSmileWeb+を出展いたします。

ぜひご来場いただき、システムの仕様やPC、タブレット、スマホでの操作感をご確認ください。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

九州ホスピタルショウ2017の詳細

この記事を読む
記事一覧に戻る